矯正治療に使う装置について解説しています

矯正装置って?

ほとんどの矯正装置がプラスチックや金属でできており、装置には様々な種類があります。大きく分類すると以下の通りです。

  • 歯の表につける装置(固定式)

    当院の装置は目立ちにくい装置を使用しておりますので審美的にも安心していただけるかと思います。食事や歯みがきが難しくなったり、口内炎が出来やすくなることが欠点です。

  • 歯の裏につける装置(固定式)

    審美的に気になる方にはオススメの装置で他の人から見て装置が見えることはありません。人に知られずにキレイにしましょう。

  • 取り外しができる装置

    取り外しが出来る装置には、歯を動かす役割がある装置と、矯正治療終了後の歯並びを維持する役割がある装置の2パターンがあります。それぞれで目的が異なるため装着時間にも差があります。

  • お顔のまわりにつける装置(夜間のみ)

    お顔のまわりにつける装置で取り外しが出来ます。基本的には夜間のみ使用する装置ですが、ケースにより差があります。