矯正治療に使う装置について解説しています

矯正装置って?

ほとんどの矯正装置がプラスチックや金属でできており、装置には様々な種類があります。大きく分類すると以下の通りです。

  • 歯の表につける装置(固定式)

    当院の装置は目立ちにくい装置を使用しておりますので審美的にも安心していただけるかと思います。食事や歯みがきが難しくなったり、口内炎が出来やすくなることが欠点です。

  • 歯の裏につける装置(固定式)

    審美的に気になる方にはオススメの装置で、他の人から見て装置が見えることがありません。しかし、患者様に合わせた装置の準備が必要なため、表につける装置に比べて費用が高額になります。

  • 取り外しができる装置

    最大の特徴は取り外しが出来ることですので、食事や歯みがきの際に困ることがありません。しかし装着することで歯を動かしていく装置ですので、装着時間が指示したより短いと歯が動かず治療が進まないことがありますので注意してください。

  • 保定装置

    矯正装置除去後、歯並びをキープしておくことが主な目的です。装置によりますが、多少の歯の後戻りを調整できるものもあります。しかしどの装置も指示通り使用出来ないと後戻りに繋がりますのでしっかり協力してください。