歯を咬みしめても口が閉じない(開咬)の治療例一覧です

開咬の治療例

上下の前歯が咬み合わず、隙間があり前歯で何かを咬みちぎることができない状態です。奥歯の接触している部分だけで力を支えているため、全ての負担が奥歯にかかることになります。咬み合わせに問題があることで、奥歯だけでなく他の歯に関しても歯の寿命が短くなってしまいます。※一人ひとりお口の状態は違うため、治療例には個人差があります。