顎の軸がずれてしまっている(偏位)の治療例一覧です

偏位の治療例

下あごが左右どちらかに歪んでいる状態です。上と下の歯の中心(正中)がズレていたり、お顔が歪んで見える審美的な問題に加え、機能的な問題点として食べ物を噛みにくい咬み合わせです。小児期における偏位は、放っておくことで顎の成長と共に状態が悪くなる場合があるため一度ご相談ください。※一人ひとりお口の状態は違うため、治療例には個人差があります。