がたがた・八重歯(叢生)の治療例一覧です

叢生の治療例

叢生とは、歯が生え変わる際のスペース不足によって、歯と歯が重なりガタガタの状態になっていることをいいます。歯が重なっていることで審美的な問題に加え、歯みがきが難しく磨き残しの原因となり虫歯や歯肉炎になりやすくなります。※一人ひとりお口の状態は違うため、治療例には個人差があります。