受け口(反対咬合)の治療例一覧です

反対咬合の治療例

正常な状態の場合、上の歯が下の歯を覆うように咬み合わせますが、受け口の場合では下の歯が上の歯よりも前に出て咬み合わせている状態です。骨格のズレや、奥歯の咬み合わせがズレることなどにより受け口になります。治療方法は患者様により異なりますが、乳歯の頃の受け口は自然に治ることもあります。※一人ひとりお口の状態は違うため、治療例には個人差があります。