岡山・岡山市での矯正は、なかよし矯正歯科クリニックへ。きれいで健やかな歯並びを実現。

よくあるご質問

Question ご質問一覧

悪い歯並びを放っておくとどうなりますか?
歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、薄いものを噛み切ったり、硬いものをしっかり噛むことが難しくなります。また、どうしても歯が重なり合った部分は歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯肉炎になってしまったり、歯並びによっては、サ行などの発音がうまくできなかったり、あごの関節に負担がかかりやすい状態になってしまいます。
いつ治すのがいいのでしょうか?
矯正治療はタイミングが非常に重要です。タイミングを逃してしまうと、その後の治療方法の選択肢が狭まったり、大がかりな装置で、長く治療をする必要が出てきたりします。ただ、タイミングは、患者様によって異なります。歯並びが気になった時点で、とりあえずご相談にお越しください。もし、まだちょっと早いね、という場合は、タイミングを予想して、また日数をおいて来院していただきます。このように、はじめのご相談には早めに来ていただき、タイミングを逃さないようにすることが大切です。
装置が見えるのがいやなのですが?
矯正装置には様々なものがあります。お口の中に入れるもの/お口の外につけるもの、取り外せるもの/取り外せないもの等あります。患者様のご希望も伺いながら、また、専門的立場から、一番良い方法を選択します。見えるのがいやと言う場合は、できるだけ裏側の装置や、夜寝るときお口の外につける装置を選択できるかもしれません。また、ブラケットについては、見える部分には白いものを使用しますので、目立ち具合は、金属と比較するとまったく違います。ご希望によっては、奥の方のブラケットやワイヤーも白色を用いることもできます〈料金別途〉。
装置をつけると痛いのですか?
生きている人間の骨に埋まっている歯を動かすわけですから、痛みがないとはいえません。逆に言えば、それは正常な反応です。ただ、「ほとんど何も・・」「ちょっと違和感だけ」という人もいれば、「痛かった」という人もいて、痛みの感じ方には、かなり個人差があります。痛みがあった場合でも、必ず2,3日で徐々に軽快します。我慢できない場合は、市販の痛み止めを服用して頂いて構いません。また、当院では、ごく弱い力がゆっくりかかるような装置を採用しています。
どのくらい期間がかかるのですか?
期間についても、患者様によってまったく異なります。治療が始まると、来院間隔は、約一月に一回になります。学校を休みたくないので、と言う場合も、平日夕方、土日に診療しておりますので、大丈夫です。また、何かの行事で学校から早く帰れるのがあらかじめわかっていれば、その日を利用するといいですね。
高額の治療費がかかると聞きましたが?
矯正治療はごく一部の患者様を除いて、保険が適用されません。治療費はその医院で様々です。なかよし矯正歯科クリニックでは、具体的な料金提示は患者様のお口を見て治療の方針がある程度分った時点でお話します。また、お支払い方法は、まとめ払い、分割払いなどありますので、ご相談ください。
転勤があるのですが?
本来、治療は継続してひとつの医院ですることが望ましいですが、たびたび転勤がある患者様については、タイミングを逃してはいけませんから、そうも言っておられません。転勤の可能性がある場合は必ずはじめにお申し出ください。状況に合わせた治療、お支払い方法などを考慮します。
子供に矯正治療をさせたいのですが、歯磨きをあまりしません
お口の中に装置を入れると、お口の中の環境が複雑になるため、非常に汚れがつきやすくなります。装置を入れる前には、まず歯ブラシを徹底して練習していただきます。また、治療中も毎回歯磨き指導をした後、きれいにお掃除をして必要に応じてフッ素塗布を行って帰っていただきます。しかし、やはり毎日の歯磨きが一番大切ですので、しっかりがんばるように、おうちの方からもお口添えお願いします。
治療中に虫歯ができた場合どうしたらいいのでしょうか?
もちろん、虫歯ができないのが一番ですが、万一できてしまった場合、あるいは、装置を入れる前に、虫歯が見つかる場合もあります。なかよし矯正歯科クリニックは、専門性を高めるため、矯正専門医院として一般歯科診療は行いません。お手数ですが、いつも行かれるお近くの歯科医院に紹介状をお書きするか、当院付近の歯科医院をご紹介いたします。また、虫歯の治療の間は、矯正治療は一時的に中断することもありますので、くれぐれも虫歯ができないように注意してください。
指しゃぶりをやめさせたいのですが?
指しゃぶりは幼稚園に行くようになる頃にはやめたいものです。ただ、いきなりやめさせるのは難しい、というお母さんの気持ちはとてもよく分かります。指しゃぶりがいつまでも続いていると、歯並びにかなりの確率で悪影響を及ぼします。指しゃぶり防止装置をいれて、根気強くお母さんがよくお話して聞かせましょう。できるだけ早めの来院をお勧めします。
歯を絶対に抜きたくないのですが?
残念ながら、歯を抜かなくても必ずきれいになる、とは言いきれません。あごの大きさと歯の大きさのバランスがあまりにも違うと、歯を抜かないと並びきらないこともありますし、逆に、無理に歯を抜かずに並べても、治療が終わって装置を取った後、せっかく治した歯並びが崩れていくこともあります。患者様の検査の結果やいろいろな状況を総合的に判断して、抜歯かどうかを決めます。また、できるだけ歯を抜かないためには、小学校低学年ごろには、タイミングを逃さず治療を開始しましょう。
携帯サイトのご案内 ブックマークで便利に!
http://www.744468.com/mobile
QRコード右のQRコードを読みとってアクセス!
日本矯正歯科学会