岡山・岡山市での矯正は、なかよし矯正歯科クリニックへ。きれいで健やかな歯並びを実現。

治療例

「歯を抜きたくない」「目立たないように」「歯の裏側から」「夜だけする」「取り外せる装置を!」「面倒なので取り外さない装置で・・」
なかよし矯正歯科クリニックでは、患者様一人一人の声にできるだけ沿った治療法を、話し合って選択します。
叢生【そうせい】(でこぼこ)
上顎前突【じょうがくぜんとつ】(出っ歯)
出っ歯のためにお口も閉じにくい、閉じにくいから開けていると、歯はよけい外に向かって出て行くし、歯は乾燥して虫歯や歯肉炎にかかりやすくなる、と、悪循環に陥ってしまいます。
叢生【そうせい】(でこぼこ)
反対咬合【はんたいこうごう】(受け口)
遺伝的要因が強いと言われている、受け口。小さいうちに治療するのがベストです。下あごはいつまでも成長しますが、上顎はそのうち、成長が止まってしまいます。つまり、小さい頃の受け口はそのままにしておくと必ず受け口のままなのです。なお、乳歯の頃の受け口は自然になおることもあります。
反対咬合【はんたいこうごう】(受け口)
埋伏歯【まいふくし】(自然にはえて来られない、埋まっている歯)
生まれつき、骨の中に歯が埋まっていて、自然に生えてこられない状態。 歯が骨の中でできる過程で、何らかの原因で起こります。ちょっと粘膜を開いて引っ張り出してあげましょう。
埋伏歯【まいふくし】(自然にはえて来られない、埋まっている歯)
偏位【へんい】(下あごのゆがみ)
下あごが左右どちらかに歪んでいる状態。見た感じもよくないし、食べ物を咬みにくい状態です。 小さいうちに早めに治しておかないと、放っておくと、顎の成長とともに、更にひどくなることがあります。
偏位【へんい】(下あごのゆがみ)
携帯サイトのご案内 ブックマークで便利に!
http://www.744468.com/mobile
QRコード右のQRコードを読みとってアクセス!
日本矯正歯科学会